脱毛をするなら頭に入れておきたい施術実施当日の注意事項

今では、毛抜きや安全カミソリだけでは無く、無駄毛を自己処理する為のグッズも発売されており進化していますが、自己施術はそれなりに手間暇が掛かります。また、目視出来ない場所の脱毛は困難を極めますし、場合によっては肌を痛める可能性もあります。この問題を解決する手段としては、プロのエステティシャンが集う脱毛サロンや、万が一の時に医師のサポートがあるクリニックを利用する事です。

前者に該当するのが、全国規模で店舗を展開しているエステティックTBCやミュゼプラチナム等です。一方後者のクリニック系では、アリシアクリニックやフェミークリニック等が知られた存在です。

後は自分に合ったお店を見つけて、プロに任せれば良いので、自分では特に何もする必要はありません。しかし、施術当日に注意を払う必要な事項があるので、認識しておく事が大切です。具体的には施術を行う当日に、アルコールの摂取、又はスポーツ等の行為は、止めておきましょう。

何故なら、血流が促進され体温が上昇すると、熱がこもりがちな状態になりますし、汗を掻きやすい状態とも言えます。そこへ、肌に少なからず熱を発生させる光線を当てるのですから、相乗効果で想定以上の温度になり兼ねません。

つまり、施術箇所へ汗と共に細菌類が侵入すると腫れ等の肌トラブルを招き兼ねない為、その対策という訳です。また、インフルエンザ等の予防接種を受けた前後10日間は、施術を受けられません。それは、副作用として倦怠感・微熱、頭痛等の症状が出る可能性があるからですが、例え副作用を覚えないとしても、肌トラブルに加えて体調不良にも繋がり兼ねなません。

心当たりがあるなら日を改めて予約を取り、前述の注意事項を守れば安心して施術を受けられます。